『モリヤの日常』

南山大学4年モリヤです。受験・就職活動・ITなどなどの情報発信をしていきます。

『自己分析』の重要性と方法・おすすめ『スマホアプリ』をご紹介!

f:id:tukemenoisii:20180612212429j:plain

こんにちわ!モリヤです!!

就職活動で『内定』を得るために大事な準備の一つとして、『自己分析』がよく聞かれていると思います。
しかし、多くの学生がこの『自己分析』のやり方、行う意味がよくわからないと考えている方多くいらっしゃいます。

本日は19卒「大手グループ」から内定を頂いた私『モリヤ』が自身の就職活動の経験を元に皆様に『自己分析』の必要性その方法などをお伝えしていきます。

 

 

そもそも自己分析とは


端的にに言えば、自分が『どんな性格』で、産まれてから今まで『どんな経験』をしてきたのかを自己認識する事です。
この『自己分析』、就職活動において大きく「2つ」の重要性があると実感しました!

 

 

1業界・職種・企業選びの基準を定めることが出来る

就職活動を始めて実感をしますが、「入りたい企業・業界」を選ぶのが本当に難しいです。

なぜか!

1つ目に企業数が多い!

大手と言われる企業だけでも何千社とあります。

これが中小企業、ベンチャー企業も合わさると「あの企業良い!」「ここに入りたい!」が尽きません。。

(この企業軸が定まらない事が危ないかについては別記事で後日投稿をさせて頂きます。)

2つ目に業界の多さ

普段の生活から身近で言えば、
食品メーカー(カゴメ、日清、明治)
自動車(トヨタマツダ、三菱)
銀行(三菱UFJ、みずほ、三井住友)
IT (Yahoo! Google Twitter )
などありますよね。
これ以外にも、人材、商社、メーカー、マスコミ、官公庁など他にも多くあります!

色々ありすぎて迷いますよね。。

これらを効率的に考えていくために行きたいと感じる企業業界の選択する軸として「自己分析」が重要になってくるのです!

自分が行きたい企業・業界を探す方法

これらを効率的に選択する方法として『自己分析』が重要になってくるのです。

『例えば、
Aさん「自己分析で過去を振り返ると、部活のサッカーでは試合でチームで1番ゴールを決めることがやりがいでした。」

Aさんの性格と経験から、
ゴールという『数字』をやりがいにする性格
チームで一番になるという「勝ち気」な性格
を伺うことができます。』

職業の適合性として『数字』『勝ち気』から、取ってきた取引数が評価につながる『営業』がAさんに適する可能性が考えられます。
さらに、業界適正としては、『保険』『ハウスメーカー』『自動車販売店などが考えられます体育会系かつ数字が求められ、給料も社会人平均年齢以上に多くあります。
これらのことから1つの『自己分析』をすることで、業界、職種適正を考え出すことができます。

 

jukenseishun.hatenablog.com

 

2 エントリーシート作成・選考の場で役に立つ

就職活動は自分自身を企業に売り込みをしなければいけません。

例えば、

B「陸上の100m走で日本一位になりました!」

面接官「(この学生凄そうだな。)結果を出すためにどんな努力をしましたか?」

B「はい!1週間必ず走り込みを行うこと、大会前には自己ベストが出せるようにコンディション調整を小まめに行なっていました。社会で働く際にも同じように小まめな努力を積み重ねて結果を出して行きたいと考えています!」

面接官「(この学生は入社したら活躍してくれそうだ)ぜひ弊社へ入って下さい!」

このように、内定をえるために自身を企業へ自分をPR(売り込み)していくことがとても重要になってきます

その際に『自己分析』を行うことで、自分にどんな売り込みが出来る『経験』『強み』があるかを考え出していくことができます。

『そういえば、〇〇をずっと続けていたから、継続して努力出来る事をアピールできる!』

『振り返るとゼミ、サークルでリーダーをしていたから、会社でリーダーとして引っ張っていく力があることを言える!』


このように自己分析を行い、深掘りをしていくことで徐々に面接やESでアピールできるネタが蓄積もされていきます。

2つのまとめ

どうでしょうか?
『自己分析』は企業から内定をもらうためには欠かせないことがよく理解できると思います。

続いて、自己分析方法、ツールのご紹介をさせていただきます。

 

jukenseishun.hatenablog.com

 

自己分析法・ツール

参考書

まずは、自分の過去の経験の棚卸をする必要です。

「どんなことにがんばったか」「どんな経験・エピソード」があったかまとめましょう!

 

 

絶対内定

 取り組むうえで「絶対内定シリーズ」の自己分析はかなり役に立ちます。

前半部分は筆者の杉村太郎「就職活動が人生の何たるか」を力説し、それらをふまえ後半では、「自己分析ワーク」に取り組みます。

どの『自己分析』参考書よりも心打たれ、自分がどのように就職をしキャリアを歩みたいかを考えることが出来るのでかなりお勧めです!

 

絶対内定2019――自己分析とキャリアデザインの描き方

 

ストレングス・ファインダー

 こちらは利用したことがありませんが、巷ではかなり人気の『自己分析』本です!!

本を購入することで付属のIDを使用してweb心理テストを受けられます。こちらがかなり詳しく自己分析をしてくれるので、就職・転職時の際に非常に役に立つそうです。

機会があればご購入してみてください!

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

 

 

スマホツール

AnalyzeU+ 

こちらは100万人が受けた適性診断テストをベースに作られた自己分析ツールです。

『社会人基礎力』『次世代リーダー性』といった能力適性を算出してくれる高度ツールになります。

こちらはスマートフォンアプリ『OfferBox』を登録すると、無料で診断することが出来ます。

私も利用しましたが、多角的に自分の特徴を出してくれるのでかなり使えました。

 

 

最後に

いかがでしたか?

就職活動においてまず大事なことは『自己分析』です!

これを疎かにすると、何気なく活動をしてしまい選考や面接の場でも上手くいきません!

ぜひまずは、自己分析から積極的に行ってみてください!

 

<関連投稿>

 

jukenseishun.hatenablog.

 

jukenseishun.hatenablog.com

 

広告を非表示にする