『モリヤの日常』

南山大学4年モリヤです。受験・就職活動・ITなどなどの情報発信をしていきます。

『インターンシップに行く意味あるの?』を19卒就活生がインターン参加のメリット・デメリットお答えします!

f:id:tukemenoisii:20180613225427j:plain こんにちわ!モリヤです!

本日は20卒の学生へインターンシップの重要性について筆者(19卒就活生として)の経験談を踏まえて述べていきたいと思います。

筆者は昨年の夏から大手からベンチャー企業、業界を問わず約30社の企業を幅広く参加しました! (1day25社、2~5day3社長期2社)

かなり足を運び、参加したことから本選考で優遇されることがありました。是非こちらの記事を見ていただけると幸いです。

インターンシップについて

1インターンシップとは

端的に言うと、学生が企業で実際に業務体験をすることですしかし、現在はインターンシップでも大きく3つに分けられます。 会社説明会的な1dayインターンシップ、2~5日間のグループワーク型インターンシップ、長期インターンがあります。

マイナビ2020 オフィシャル就活BOOK 内定獲得のメソッド インターンシップ 仕事のホントを知る!  見る!  考える! (マイナビ2020オフィシャル就活BOOK)

1dayインターンシップ

企業説明をした後に簡単な30分から1時間ほどの体感ワークが主流です。

企業の8割は、学生が自社に興味を持ってもらうことを目的に開催しています! しかし、中にはワークでの学生の様子をメモをしてる人事が見受けられ、目立った活躍をすると特別早期選考に招待されることもあるので、気を抜かいないことが大切です。

学生の視点から言うと業界研究や社風を見られるので積極的に参加していくべきであると思います!

2~5dayインターンシップ

こちらは選考にかなり直結することが多いです! 経験談で行くと、各ワークのグループに内定者が付いてワークの学生の様子を記録したり、すごい企業は、学生の様子をビデオ撮影していました。。

1dayに比べてかなりの確実で選考直結をしていると言えます。

どうしても行きたい企業であれば、参加することがかなりの有利になることがあります。必ず参加しましょう!

jukenseishun.hatenablog.com

長期インターンシップ

端的に言うと、実際に働いてお金が貰えるインターンシップです。 こちらはこちらベンチャー企業が多く、本当に利益を上げる戦力になって本格的働くので、経験値としては「絶大」です。 社会人マナー、敬語がとにかく鍛えることが出来、面接のネタとしてもかなりウケが良いです。 ある程度成果を出せると面接無しの内定パスが出ることもあります! かなりのオススメです。

jukenseishun.hatenablog.com

2メリット・デメリット

メリット

企業研究 共通して言えることは、業界研究 •企業研究が出来ます。 会社説明会では言わないようなことをインターンでお話されることが多いので、面接の場でアピールする材料になります。 選考有利 次に本番の選考に直結することが多いです。私自身優秀者特別プログラムに招待を頂いてそのまま早期特別選考ルートに乗ることもありました

デメリット

アルバイトが出来ない インターンシップはかなり時間が取られます。複数日のインターンシップに参加する場合本当にアルバイトが出来ません。適度にスケジュール調整をしながら参加をしていきましょう。 選考に不利になる場合も実はあります。。。 グループワークなどで変に目立ってしまってらマイナス(この学生を採用するのは良くないかも?)と思われたら、その企業の内定がなくなる可能性もあります。 大手に行けばいくほど、優秀な学生が集まり、自分の評価が下がる可能性もあります。 このようなこともあることを頭の片隅に置いておくと良いでしょう!

マイナビ2020 オフィシャル就活BOOK 内定獲得のメソッド 就職活動がまるごとわかる本 いつ? どこで? なにをする? (マイナビ2020オフィシャル就活BOOK)

3まとめ

みなんさんどうでしたか? インターンシップでもたくさんの種類があり、企業の目的も変わっています。 自分が何を目的に参加をするのかしっかり行動することをお勧めします。 皆さんの就職活動の役立つ情報になっていれば幸いです!

<関連投稿>

jukenseishun.hatenablog.com

jukenseishun.hatenablog.com

広告を非表示にする