『モリヤの日常』

南山大学4年モリヤです。受験・就職活動・ITなどなどの情報発信をしていきます。

「模試できなかった。大学本当に受かるのか。。ひょっとして浪人?」受験生へ『模試偏差値42』の大学生が一言

f:id:tukemenoisii:20180613231006j:plain

こんにちわ!モリヤです! 模試について受験生の方々へお話しさせていただきます。

終わった後や、模試の結果を見た時って、どちらかといえばへこむことが多いですよね。。

今回は『模試』についての記事をまとめてみました!

〈↓こちらは模試関連の記事です。〉

jukenseishun.hatenablog.com

『模試』の結果とその後の『勉強法』

結果を見てのメンタルケアについて

「模試の結果を気にするな」と学校の先生からよく言われると思いますが、『本当に気にしなくて良いです!』 理由は簡単です。

模試が出来なくても受験は成功することが出来るためです!!

筆者、自身模試の成績は良くありませんでしたが、合格はすることが出来ました。

受験勉強は長く苦しい戦いです。1年に何回もある模試の結果1回で一喜一憂していては精神が持ちません。

それでも、不安がおさまらない方は「先輩に現役時代の話」を伺いに行くことが良いでしょう!

信頼のおける先輩のお話であれば、信じることが出来き、気持ちに安定感をもたらすことが出来ます。

偏差値29の私が東大に合格した超独学勉強法    角川SSC新書

「模試の結果」は『受験本番』に関係ない!

本当にこの通りです。 筆者は3年四月から「南山大学」を第一志望に掲げていましたが1年通して、一度も「Ⅽ判定」以上を取れていません。(何ならほとんど「E判定」でした泣)

理由としては、「模試」の問題形式と「大学独自」の試験問題は大きく違うためです。

つまり、模試の問題が出来たからと言って、志望大学の問題が解けるわけではないし、模試ができなくても、大学の試験問題の方が解ける・解きやすいなんてことは結構あることなのです! 覚えてください!「模試はあくまで周りの受験生との実力を測る指標」でしかありません!!

合格に必要なのは、模試ではなく、志望大学の問題が解けるようになることです! (後日、志望校の過去問研究の重要性についての記事を上げていこうと思います。)

大事なことはまず『復習』!

行動科学に基づいた驚異の「復習継続法」

必ずしてください! 模試で出題されるということは基本的に受検で「出題傾向」が高い分野であることが言えます。

同じ問題が出た時に同じ間違いをしていたら、間違いなく落ちます。

絶対に復習は欠かさないでください。

特におすすめなのは試験をしたその日に復習することです。

最低でも翌日までにはしましょう!

人間の脳は時間がたつにつれて忘れていく習性があります。

勉強の基本は「復習とその繰り返し」です!

これらの勉強の習慣づけを今のうちにしておきましょう!

受験勉強は一つ一つの習慣を癖づけることも大切です。

最後に

本日は「メンタルコントロールと復習」の大切さを重点にお話しさせていただきました。

不安が多く逃げたくなることが多々あると思いますが、めげずに頑張りましょう!

ぜひ、今回ご紹介させていただいた方法を皆さんもこれらを意識してみてください。

受験勉強を頑張りましょう!

広告を非表示にする