『モリヤの日常』

南山大学4年モリヤです。受験・就職活動・ITなどなどの情報発信をしていきます。

模試前日の過ごし方・模試対策

f:id:tukemenoisii:20180613231715j:plain

こんにちわ!モリヤです!! 本日は個人的に模試前日の過ごし方についてまとめてみました!

模試前日の過ごし方

1 不得意分野の総復習

高校標準問題集数学1+A―日常の予習・復習と大学受験準備のための

不得意分野・苦手科目を徹底的に復習しましょう!

人間、嫌いなこと苦手なモノに対する記憶の定着はよくないといわれています。

反対に、得意分野はおそらく心情的に「好き」と感じる部分が多くあるため、復讐が浅くても、試験中にすぐに思い出すことが出来やすい傾向にあります。

(特に暗記系は寝る前にしておくと、当日効果を発揮できると思います!)

2 新しいことは覚えない

こちらは意外かもしれませんね。

「前日に詰めこんでこそ点数は上げられる!」といった考えは捨てましょう。

定期テストであればそれは1種の正攻法といえるでしょう。

しかし、受験勉強の基本は復習です!!

一夜漬けも無理とは言いませんが、おススメはできません。

おそらくは膨大な範囲が試験範囲なので、一夜漬けで新しいことを覚えるより、学んだことを反復することの方が効率的であるといえるでしょう!

3 早く寝る!

夜更かしは禁止です!!

睡眠は人間の生活の基本です!

疎かにするとその人の高いパフォーマンスを出せなくなると言えるでしょう。

模試は1日に何科目もこなすため、寝不足によって集中力の低下や後半の科目に対してやる気が損なわれる場合があります!

個人差によりますが、最低でも6時間は寝るようにしましょう!!

(筆者も経験談として、3時間しか寝られず、英語のリスニングで寝てしまう失態を起こしたりしました。。。)

みなさん気をつけましょう!

(おまけ)模試直前

おススメは暗記科目!! とことん、見直しましょう!!

直前に目を通している分野が試験に出た!!なんてことは本当によくあります!

筆者は受験当日に最後の悪あがきだと思って見ていた日本史の時代がぴったり出て奇跡的な合格をすることが出来ました。

受験の練習だと思って今のうちから、受験の癖をつけて置きましょう!

最後までに何が起こるかわからない結果の世界です。

まとめ

模試はあくまで受験の練習と自己の成長度を測るものです。

ここで点数が悪いからと落ち込む必要はありません!

大事なことは「本番当日の試験」を意識して取り組むことです!!

そのために、体のケア・コンディションの調整を意識して取り組んでみてください!

広告を非表示にする